カラコン使用上の注意

カラコンは今でこそ医療器具として登録されていますが、それ以前はファッションアイテムとして気軽に使用されていました。

その結果、使用上の注意を守らずに利用する人が増え、目のトラブルが多発したことから、2009年11月より医療器具扱いに変更されています。

特に目はデリケートな器官なので、カラコンを使用する際は度あり・度なしにかかわらず、安全性を考慮しながら使用することが大切です。

具体的には、定期的に眼科検診を受けること。また、カラコンの脱着時は手をよく洗い、目に雑菌や汚れが付着しないよう注意する必要があります。

また、カラコンは通常のコンタクトレンズより酸素や水分の透過性が悪いため、長時間の装着は目に大きな負担がかかります。

よって、使用時間は最長でも1日8時間程度。週に2〜3日程度と限定し、目を休ませる期間を設けた方がよいでしょう。












トップへ戻る

(C)カラコン通販の口コミランキング※度ありの激安はコレ!