カラコンの安全性

ファッションのためのカラコンは以前は雑貨として扱われていたため、その製造販売にあたって特に承認を受ける必要がありませんでした。

しかし、カラコンの人気上昇にともない、粗悪な作りのカラコンが増えたことから、着色剤が溶け出して炎症を起こしたり、時には失明するなど、カラコンの品質に起因する事例が報告されるようになりました。

この事態を受け、国はおしゃれ用カラーコンタクトレンズの規制に乗り出し、2009年11月4日以降、医療機器として認可されるに至っています。

これにより、炎症や失明などの危険性がある粗悪なカラコンの流通リスクが激減し、近年はカラコンに対して一定の安全性が確保されています。

しかし、カラコンだけでなく、通常のコンタクトレンズも長時間の使用や不適切な使用によって眼病を招くおそれがあることから、国では引き続き正しい方法で利用するよう呼びかけを行っています。












トップへ戻る

(C)カラコン通販の口コミランキング※度ありの激安はコレ!