カラコンと病気

カラコンは、医療器具として認可される以前は簡単に購入できる雑貨扱いとなっており、中には粗悪な商品も多く流通されていました。

粗悪なカラコンによる健康被害は決して少なくなく、中には目に炎症をおこしたり、失明したケースも報告されています。

今では厚生労働省によってカラコンの販売規制が強化され、粗悪なカラコンによる健康被害は減少しつつありますが、誤った方法で脱着すると目の病気を発症する可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、カラコンによる代表的な目の病気としては、角膜にすり傷がつく『角膜びらん』や、角膜の上皮に点状の傷がつく『点状表層角膜症』、まぶたの内側が充血する『巨大乳頭結膜炎』などが挙げられます。

いずれも軽症であればカラコンの使用中止によって快方に向かいますが、放置すると炎症や視力の低下につながるため、早期発見・早期治療が大切となります。












トップへ戻る

(C)カラコン通販の口コミランキング※度ありの激安はコレ!